ご説明

こちらはASRIN会員のみ閲覧が可能です。

 

会員になる場合は、こちらをご確認くださいませ。

(ASRIN会員の申し込みフォームに移動致します)

 

入金が確認後、閲覧可能のパスワードをお送り致します。

 

ASRINセミナーの内容もUPしていきます。講師の先生に確認して情報を提供させていただきます。

今後もセミナーにて実施していただいた実技の動画をアップしていきますので、ご期待ください。

 

※なお、本ページから最新の講師の動画に関しましては、

受講者の無料閲覧期間がありますので動画リンクを作成してありません。

受講者はアンケートメールに記載されているURLより閲覧をお願いします。

 

セミナー終了後1か月後からの閲覧開始となります。

どうしても早期に閲覧を希望される方はセミナー名などを添えてお問い合わせまでご連絡をお願いします。

 

※2017年4月1日よりASRIN会員の更新があります。

下記のコンテンツを継続して利用される方は再度登録をお願いします。

 

また現在セミナー表示方法の変更を行っております。

変更完了した際はメールでお知らせ致しますので、今しばらくお待ちください。

ASRINセミナー

骨盤帯から考える機能解剖・アプローチ

 

[講師]

つくば市女性のための整体サロン PALM代表

理学療法士 丹羽麻奈美(にわまなみ)先生

 

[日時]

2017年11月5日(日) 10:00~16:00

 

丹羽先生の第二回目セミナー。前回同様、座学での詳しい機能解剖等の理解からアプローチ方法やセルフで調整する為のワークも盛り込まれた受講生の満足度の高いセミナーでした。

※こちらの動画は12月上旬に会員公開予定となっております。公開前に閲覧したい会員様はasrin@re.commufa.jpへお問い合わせください。

内臓ストレッチセミナー~整形・内部疾患に対する内臓ストレッチの考え方と実践~

 

[講師]

株式会社Performance Reha

理学療法士 神谷秀明(かみやひであき)先生

 

[日時]

2017年10月22日(日) 10:00~16:00

 

神谷先生の第二回目セミナー。各内臓の解剖をしっかりと捉えた実技は非常に分かりやすく、受講生も終始実技に励んでいらっしゃいました。

※こちらの動画は11月末に会員公開予定となっております。公開前に閲覧したい会員様はasrin@re.commufa.jpへお問い合わせください。

顎関節を知る~臨床に必ず使える顎関節の基礎・応用~

 

[講師]

医療法人財団メディアクア加藤大介クリニック

理学療法士 古泉貴章(こいずみたかあき)先生

 

[日時]

2017年9月10日(日) 10:00~16:00

 

古泉先生の第二回目セミナー。前回同様顎関節の解剖などの基礎知識から臨床で顎関節が関わる場面や症例も提示していただき、明日からの臨床で使える内容が盛りだくさんのセミナーでした。

 

臨床の成果を上げる!多角的視点から診る膝関節のリハビリテーション

 

[講師]

G&Sリハビリテーション研究会 近森オルソリハビリテーション病院

理学療法士 濱田聖矢(はまだせいや)先生

 

[日時]

2017年8月6日(日) 10:00~16:00

 

今までASRINで開催されてきた膝関節セミナーの考え方とは異なった視点も盛り込まれ、参加者の満足度も高いセミナーでした。

基本動作の実践的介助方法と治療介入

 

[講師]

ASRINスタッフ 理学療法士 西郷嘉基(さいごうよしき)先生

 

[日時]

2017年7月30日(日) 10:00~17:00

 

臨床でよく遭遇する事例に即した介助方法を実技中心に講義していただき、翌日からのハンドリングに変化をもたらしやすいセミナーでした。

足部の臨床展開

 

 

[講師]

Body Pioneer 代表 理学療法士 河合眞哉(かわいしんや)先生

 

[日時]

2017年5月14日(日) 10:00~17:00

 

以前行っていただいた講義よりも新たな知見も増えており、再度先生のセミナーを受講された受講生からも大満足されていました。

 

足部から姿勢を変える! 姿勢から考える臨床展開~足部との協調関係から紐解く~

 

 

[講師]

drawer 代表 理学療法士 柳田恵佑(やなぎだけいすけ)先生

 

[日時]

2017年3月19日(日) 10:00~17:00

 

足部の機能解剖やバイオメカニズムも含めた講義、そして分かりやすい実技指導で満足度の高いセミナーでした。

前庭リハビリテーション

 

[講師]

杏林大学 助教授

理学療法士 松村将司(まつむらまさし)先生

 

[日時]

2017年3月5日(日) 10:00~16:00

 

めまいに関するメカニズムから評価法・治療法まで講義と実技を通して学ぶ事が出来た非常に満足度の高いセミナーでした。

 

顎関節に対する評価とアプローチ〜ワンランク上のセラピストを目指して〜

 

[講師]

NPO法人 メディカルリハビリテーション

理学療法士 古泉貴章(こいずみたかあき)先生

 

[日時]

2017年2月19日(日) 10:00~16:00

 

顎関節およびその周囲の解剖と触診の実技指導、またケースを踏まえた治療介入過程の解説など臨床に直結する充実のセミナーでした。

 

足部機能の評価と治療

 

[講師]

整形外科リハビリテーション学会 尾張支部代表世話人

理学療法士 岡西尚人(おかにしなおと)先生

 

[日時]

2016年10月30日(日) 10:00~16:00

 

詳しい機能解剖を講義で説明していただき、丁寧な治療手技を1度に学ぶ事が出来る貴重なセミナーでした。

自信が持てる歩行分析セミナー ~片麻痺・膝OA・円背の症例~

 

[講師]

ONZiii Act

理学療法士 松井秀樹(まついひでき)先生

 

[日時]

2016年8月28日(日) 10:00~16:00

 

症例ベースで多くの先生の介入理論や実際に行ったアプローチの前後比較など、普段の先生の臨床知識・技術を聞く事が出来たセミナーでした。

脊柱・骨盤のアプローチ -これからの本物のセラピストに必要なこと-

 

[講師]

(株)エバーウォーク

理学療法士 磯谷隆介(いそやりゅうすけ)先生

 

[日時]

2016年7月17日 10:00~16:00

 

治療技術的な知識を増えた事もさる事ながら、療法士の在り方や患者さん・利用者さんとの接し方など、臨床に向き合う上で大切な事を学ぶ事が出来た貴重なセミナーでした。

ウーマンヘルスサポート 妊娠・出産の身体変化と機能不全を捉える

 

[講師]

トータルボディメイクつくば

理学療法士 丹羽麻奈美(にわまなみ)先生

 

[日時]

2016年5月22日(日) 10:00~16:00

 

解剖学的な観点を含めてヨガを取り入れたボディケアを指導していただき、参加された先生方からも絶賛なセミナーでした。

高次脳機能障害へのアプローチ~NeuroActiviteTreatmentその概念と実戦~

 

[講師]

(株)THEM 健康増進部長

作業療法士 中鶴真人(なかつるまさと)先生

 

[日時]

2016年4月24日(日) 10:00~17:00

 

臨床において複雑に捉えやすい高次脳機能障害をシステム別に講義およびアプローチ指導していただき、受講生満足度が高いセミナーでした。

肩関節の機能解剖とアプローチ in 浜松

 

[講師]

一般社団法人 ASRIN 代表理事

作業療法士 石田匡章(いしだまさあき)先生

 

[日時]

2016年4月10日(日) 10:00~16:00

OT限定 手関節・手指セミナー

 

[講師]

一般社団法人 ASRIN 代表理事

作業療法士 石田匡章(いしだまさあき)先生

 

[日時]

2016年1月31日(日) 10:00~16:00

 

手関節・手指に関わる機能解剖や触診、実際のアプローチ方法に至るまできめ細やかな講義をしていただけました。

OT限定 1日で学ぶ上肢の徹底した触診

 

[講師]

一般社団法人 ASRIN 代表理事

作業療法士 石田匡章(いしだまさあき)先生

 

[日時]

2015年12月6日(日) 10:00~16:00

 

上肢の多い触診を1日に盛り込んでボリュームたっぷりな実技指導をしていただけました。

肩甲胸郭関節の機能評価と治療

 

[講師]

整形外科リハビリテーション学会 尾張支部代表世話人

理学療法士 岡西尚人(おかにしなおと)先生

 

[日時]

2015年11月29日(日) 10:00~16:00

 

肩甲胸郭関節に関わる筋や多関節に至るまで幅広い視線でアプローチ方法を指導していただけました。

自律神経を身体から治す ~リハビリを妨げる自律神経の乱れとは?~

 

[講師]

アレルギー体質専門整体院 アレルコア 院長

理学療法士 及川文宏(おいかわふみひろ)先生

 

[日時]

2015年11月15日(日) 10:00~16:00

 

自律神経を臨床においてどのように捉えるかを詳しく講義していただきながら丁寧な実技指導をしていただけました。

リハビリテーション栄養セミナー 〜あなたの患者さんが食べられないのはナゼですか?〜 


[講師]

株式会社Mix-up代表取締役

国際統合リハビリテーション協会 会長

理学療法士 森本義郎(もりもと よしろう)先生

 

[日時]

2015年10月31日(日) 10:00~16:00 


ハロウィンとのことで、仮装をしてもらいながら、セミナーを進めさせていただきました。

嚥下機能が向上する実技を行なっていただきました。

即効性と持続性を得るための筋インバランスアプローチメソッド

 

[講師]

臨床研究会愛媛祭代表

理学療法士 青木祐樹(あおきゆうき)先生

 

講座では筋のインバランスに対する正しい評価方法でき、筋への施術効果の即効性と持続性を同時に獲得するための、筋バランスの調整という概念、そして、慢性的な症状を改善に導いていくために必要な”自己治癒力”という概念について分かりやすくご教授していただけました。実技では効果的な徒手療法・運動療法を中心に行っていただけました。

解剖学をベースにした動作分析~骨盤・胸郭の触診~



[講師]

一般社団法人ASRIN代表

作業療法士 石田匡章(いしだまさあき)先生

 

どのような時期であっても大切となる動作分析を解剖学をベースとして分かりやすく講義していただけました。また実際に受講生同士での動作分析から参加した全てのセラピストの見る目を養っていただけた、満足度の高いセミナーでした。


基礎から学ぶ実践のための脊柱・体幹のアプローチ

 

 

 

[講師]

ONZiii Act

理学療法士 松井秀樹(まついひでき)先生

 

今回は脊柱・体幹の基礎となる講義ののちに実際にレントゲン上所見のある症例の治療を評価の仕方を説明していただきながら実技を披露してくださいました。

 

股関節を3000円で基礎から学ぶ!!基礎知識・触診から症例の治療介入まで                              「自信がない」「分からない」のための基礎セミナー

 


[講師]

辻村整形外科病院

理学療法士 棚橋唯(たなはしゆい)先生

 

今回は股関節の解剖・触診から実際の臨床での考え方など、新人でも分かりやすく理解しやすい講義および実技で受講生からも非常に好評だったセミナーでした。

 


実際に片麻痺の方をお招きしての超実践的セミナー


[講師]

ITT センター 代表 

国立療養所付属リハビリテーション学院卒 

総合病院中津川市民病院 

ヨナハ総合病院 

国際ボバースインストラクター候補者

鈴木徳幸(すずきのりゆき)先生

 

今回は午前中に実際の症例さんを交えて治療介入をしていただき、午後から講義および実技指導をしていただきました。きめ細やかな介入に丁寧に説明を入れていただけて、先生の臨床での考え方などが大変多く知る事が出来ました。


膝の痛みが明日から一発で解決できるトリガーポイントリリース

 

[講師]

体軸コーディネーター

JCCAベーシックインストラクター

Acceleration Training CORE FUNDAMENTALS LEVEL 1

理学療法士 波田野征美(はたのまさみ)先生

 

[日時]

2015年3月29日(日) 10:00~16:00

 

各筋に対するアプローチ方法をキメ細やかに実技の中でご教授していただきました。ボリューム満載で受講生からの満足度も非常に高い講義でした。


~コミュニケーションから治療を変える~療法士のためのブレイクスルー・コミュニケーション

 

[講師]

株式会社メディケアソリューション 代表取締役

鯨岡栄一郎(くじらおかえいいちろう)先生

 

[日時]

2015年3月15日(日)

 

受講生とのショートコーチングを通してどのようにコミュニケーションを展開していくかを丁寧に説明しながら講義していただけました。


                      STセミナー 脊柱

 

[講師]

一般社団法人ASRIN代表

作業療法士 石田匡章(いしだまさあき)先生

 

[日時]

2015年3月1日(日) 10:00~16;00

 

ST向けに胸郭を見るうえで必要となる胸骨・肋骨・脊柱の関連性について実技を中心に展開されたセミナーです。


ST・OT・PTのための~嚥下機能を激変させる徒手療法、チームで実践できる姿勢調整の方法~セラピストが評価すべき栄養状態とは?

 

[講師]

株式会社Mix-up代表取締役

国際統合リハビリテーション協会 東海支部長

理学療法士 森本義郎(もりもと よしろう)先生

 

[日時]

2015年2月22日(日) 10:00~16:00

 

講義ではフレイルやサルコペニアの話を踏まえつつ、嚥下に関わる頸部筋や骨の触診方法について実技をしていただけました。

                      「体幹の動き」患者さんに伝わっていますか?

 

[講師]

株式会社 ONZiii Act 代表

理学療法士 長谷川昌弘(はせがわまさひろ)先生

 

[日時]

2015年2月1日(日) 10:00~16:00

 

講義ではフランクリンメソッドを用いた教授法について話をしていただき、実技では患者さんに伝えやすいツールや提示方法を用いたエクササイズの指導をしていただけました。

              運動学習-ハンズオンでの介入の意味-


[講師]

国際ボバースインストラクター候補者

ITT センター 代表

理学療法士 鈴木徳幸(すずきのりゆき)先生

 

[日時]

2015年1月18日(日) 10:00~16:00

 

午前中に実際の症例さんを交えて治療介入をしていただき、午後から講義および実技指導をしていただきました。実際の介入場面の動画を症例さんに許可をいただき、そのままを閲覧可能になっています。

                       表情筋セミナー 

 

[講師]

一般社団法人ASRIN代表

作業療法士 石田匡章(いしだまさあき)先生

 

[日時]

2015年3月1日(日) 10:00~16:00

 

ST向けに頭蓋の触診から始まり、眼・鼻・頬・口に関わる筋の触診や調節方法について実際にマーカーも行いながら分かりやすく実技中心に展開していただきました。

                    頸椎のリハビリテーション

[講師]

文京学院大学 保健医療技術学部理学療法科 

理学療法士 上田泰久(うえだやすひさ)先生

 

[日時]

2014年12月21日(日) 10:00~16:00

 

頭頸部における機能解剖から「姿勢・動作、骨格系、筋系、神経系」に対する運動療法の考え方を実技を交えてご講演いただきました。臨床におけるリスクにも配慮された内容で、病期に関わらず広い分野で用いる事が出来る内容でした。

            身体意識から動作改善へつなげる骨盤の考え方


[講師]

株式会社 ONZiii Act 代表

理学療法士 長谷川昌弘(はせがわまさひろ)先生


[日時]

2014年12月7日(日) 13:00~16:00

 

骨盤や大腿骨を動かすのに大切な運動イメージを丁寧に講義いただき、臨床場面でどのように指導していけばよいか非常に分かりやすく学ぶ事が出来ました。

            身体意識から動作改善へつなげる肩甲骨の考え方


[講師]

株式会社 ONZiii Act 代表

理学療法士 長谷川昌弘(はせがわまさひろ)先生


[日時]

2014年12月7日(日) 9:00~12:00


肩甲骨や上腕骨を含めた上肢を動かすのに大切な運動イメージを丁寧に講義いただき、臨床場面でどのように指導していけばよいか非常に分かりやすく学ぶ事が出来ました。

                      頭蓋のアプローチ


[講師]

TACTリハビリテーション研究会 代表

作業療法士 鳴海裕平(なるみゆうへい)先生

[日時]

2014年11月29日(日) 10:00~16:00


頭蓋から内臓への関連性を考慮して治療展開をしたり、頭蓋骨への直接的な調節方法などを実技中心に行っていただけました。

肩関節の臨床の考え方 作業療法士 石田匡章   2014.11.09

肩の疾患における臨床で評価の仕方や治療効方法、効果について悩むことはありませんか?

肩関節の臨床を考えるとき最も重要となるのが機能解剖の知識です。すべてのベースとなるこの部分の知識が曖昧だと正確な評価はできません。もちろん治療効果も上がるはずがありません。

今回のセミナーではまず肩の治療の基本となる機能解剖を理解した上での評価、解釈、治療へとつなげていく一連のプロセスを学んでいただくことを最大の目的としています。


基礎的な考え方だけではなく、それを活かし治療効果へと結びつけることができるよう実技を中心に行っていきますので、是非とも「明日からの臨床」に使ってもらえれば嬉しく思います。

 

→動画はこちらから

 

 

股関節セミナー 理学療法士 小松洋介先生,板谷敬晴先生

股関節の役割〜立脚を中心に〜

講師:辻村外科病院  理学療法士 板谷敬晴先生


股関節の機能不全は本当に機能の問題だけなのか?
〜脳科学、患者心理を考慮した大腿骨頚部骨折の介入の一例〜

講師:あいちリハビリテーション病院 理学療法士 小松洋介先生


 

→動画はこちらから

 

 

ST専用セミナー TOKYOセミナー 〜応用編〜 作業療法士 石田匡章

作業療法士

 

一般社団法人 ASRIN代表理事

 

○略歴

 

10年間の病院勤務のち、訪問看護ステーションに入職。

これまで、ICU・急性期・維持期・療養病棟・デイケア・整形外来・訪問リハビリなど幅広く経験を積む。

 

明日から臨床で使える勉強会をコンセプトとした、「ASRIN」を立ち上げる。

現在法人格を取得し、1年経過。

大ホールを借り大規模セミナーを開催したり、少人数でのセラピストの手技を高めるセミナーも開催している。

 

※こちらは応用での動画になります。

 

→動画はこちらから

 

 

ST専用セミナー TOKYOセミナー 〜基礎編〜 作業療法士 石田匡章

作業療法士

 

一般社団法人 ASRIN代表理事

 

○略歴

 

10年間の病院勤務のち、訪問看護ステーションに入職。

これまで、ICU・急性期・維持期・療養病棟・デイケア・整形外来・訪問リハビリなど幅広く経験を積む。

 

明日から臨床で使える勉強会をコンセプトとした、「ASRIN」を立ち上げる。

現在法人格を取得し、1年経過。

大ホールを借り大規模セミナーを開催したり、少人数でのセラピストの手技を高めるセミナーも開催している。

 

※STの方が臨床上必要と考えられる部位の触診を、基礎から丁寧に進めていきます。

 

→動画はこちらから

 

 

内臓セミナー  神谷 秀明先生

神谷 秀明先生 

株式会社Performance Reha代表取締役
理学療法士
鍼灸師
アスレティックトレーナー
オステオパス

内臓を直接アプローチすることにより内臓機能だけではなく、
クライアントの人生を支えることができることを実感してから
内臓治療に目覚める。
現在では県外から自律神経失調症、冷え性
婦人科疾患、不眠症、便秘症など様々なクライアントの訴えを
改善すべく、日々奮闘中。

 

普段臨床ではあまり触らない「内臓」。

受講生の方も、とても意欲的に学ばれておりました。

実技が中心となっております。

 

 

→動画はこちらから

 

 

体幹のリハビリテーションー腰椎・骨盤・股関節を中心にー   唐澤 幹男先生

唐澤 幹男(からさわ みきお)先生 

 

理学療法士

 

 いちはら病院 勤務

 

 

理学療法士でありながら、ボディワークを取り入れ、貪欲に身体のことを研究されております。

自分の身体の状態をしっかりと把握しながら得た経験を踏まえ、深い知識のもとご講演いただきました。

 

お話もとても上手でためになるセミナーでした。

 

→動画はこちらから

 

 

足関節のインソール (Fitting Foot Insole) 河合 眞哉 先生

河合 眞哉 (かわい しんや) 先生

 

理学療法士

 

 BODY PIONEER  代表取締役社長 
 

   Total-Approch 事業部 代表

 

 

ボディパイオニア株式会社代表などを務められ、リハビリ特化型デイサービス、セミナー事業、自由診療事業と幅広い活躍をされています。

 

昨年は足関節の講義セミナーを行って頂き、反響が大きかったため、2度に渡りセミナーを行って頂きました。

 

→動画はこちらから

 

 

ST専用セミナー 触診と施術技術〜基礎編〜 作業療法士 石田匡章

作業療法士

 

一般社団法人 ASRIN代表理事

 

○略歴

 

10年間の病院勤務のち、訪問看護ステーションに入職。

これまで、ICU・急性期・維持期・療養病棟・デイケア・整形外来・訪問リハビリなど幅広く経験を積む。

 

明日から臨床で使える勉強会をコンセプトとした、「ASRIN」を立ち上げる。

現在法人格を取得し、1年経過。

大ホールを借り大規模セミナーを開催したり、少人数でのセラピストの手技を高めるセミナーも開催している。

 

※STの方が臨床上必要と考えられる部位の触診を、基礎から丁寧に進めていきます。翌日の応用技術編につながるように、機能解剖を中心に説明致します。

 

→動画はこちらから

 

 

腰部に対するトリガーポイントリリース  理学療法士 波田野征美先生

 

臨床で遭遇する腰痛患者さんは多くの方が腰だけでなく、殿部や下肢症状を訴えています。 そういった症状があると「ヘルニア」や「狭窄症」といった診断がつくわけですが、問題 となる部位はほとんどの患者さんで同じ。

 

にもかかわらず、症状は様々。 障害部位とデルマトームが一致しないなんて日常茶飯事。

 

しまいには「症状は人それぞれだからな。」で片付けられてしまいます。 そんな様々な部位に生じる症状。

 

トリガーポイントで解決できてしまいます。

 

 


なぜなら・・・ 

 

トリガーポイントによって起こる痛みはそれぞれにパターンが決まっており その決まったパターンは まさに患者さんが訴えている多種多様な痛みのパターンと一致しているからです。

 

 

そちらの内容を動画にて撮らさせていただきました!受講生の方も大変好評でした。

 

→動画はこちらから

 

 

脳血管障害の臨床効果を上げるコツ 動きのコツセラピスト 理学療法士 生野 達也先生

 

脳血管障害の臨床効果を上げるコツというテーマにて、
動きのコツセラピスト 理学療法士 生野 達也先生お話をいただきました。

※ 生野先生は、「脳梗塞、脳出血専門リハビリスペース 動きのコツ研究所」を設立され、多くの方に技術を施しております。また一般の方向けにも、優良なメルマガを配信されております。

 

→動画はこちらから

 

 

脳機能障害のアプローチ Bridge管理人 小松洋介先生

 

「脳幹・小脳のリハビリテーション」を

Bridge管理人 小松洋介先生 にお話しいただきました。

 

臨床への熱意・考え方は、とても勉強になります。

 

是非観ていただければ幸いです。 

 

→動画はこちらから

 

 

脳機能障害のアプローチ 岐阜脳卒中リハビリテーション研究会  代表  坪井祥一先生

 

「前頭葉のリハビリテーション」を

岐阜脳卒中リハビリテーション研究会 代表 坪井祥一先生に

お話しいただきました。

 

プレゼンテーションの質も、とても高く本当に勉強になります。

 

是非観ていただければ幸いです。 

 

→動画はこちらから

 

 

足関節の実技編 TAP研究会 代表 河合眞哉先生

 

前回に引き続き河合先生にお越し頂きまして、足関節の実技講習を行っていただきました。

動画でもしっかりと勉強できると思います。

どうぞご覧下さい。 

 

→動画はこちらから

 

 

 

 

 

『超』リーダーシップコミュニケーション  鯨岡栄一郎先生

 

書籍「医療福祉の現場で使える『コミュニケーション術』実践講座」の著者でもある鯨岡氏の初の名古屋講演。
一介の理学療法士である氏がどのようにして地域でも評判の施設として運営しているのか。

あの東日本大震災時、どのようにしてリーダーシップを発揮したのか。自分自身の成果を上げ続けるコツとは?
スタッフのモチベーションを上げる秘訣とは? それらに関して、余すことなく語ります。

特に医療福祉職の管理職、リーダー職の方、これからリーダーを目指す方、
リーダーとしての自分に自信が持てない方、部署の運営に苦労されている方は是非ご覧下さい。

 

→動画はこちらから

 

 

女性セラピストのための身体メンテナンス ホリスティックヘルスケア 仁平美香先生

 

よりよい治療、施術を行うためには、セラピストのこころと身体の状態を整えることが必要です。
身体を整えることで、月経前や月経中でも良い状態で施術に望めます。

女性特有のお悩みをお持ちのクライアント様へお伝えしているセルフメンテナンス法も指導いたしますので、クライアント様へのアドバイスにもお役立てください。

 

→動画はこちらから

 

 

足関節のTotal Approch TAP研究会 代表 河合眞哉先生

 

 

足部を理解する上で大切な距腿関節と距骨下関節、そしてショパール関節の評価と治療アプローチをお伝え致します。

 

 

→動画はこちらから

 

 

 

 

 

治療者に必要な身体の使い方 堀江式整体院 院長  堀江直樹先生

 

 

発育発達学、体軸理論からわかる人の身体についての共通項をベースに、より、理論的、客観的に積み重ねることが可能な、評価・治療手技をお伝えします。

 

 

→動画はこちらから

 

 

 

コラボセミナー

スポーツリハビリテーション 庄司智洋先生

 

JARTA代表 庄司智洋先生の動画をUPさせてもらいました。 

 

スポーツだけでなく、こちらの動画は日々の臨床でも使えそうです。

 

是非観ていただければ幸いです。 

 

→動画はこちらから

 

 

総合呼吸リハビリテーション 輪違弘樹先生、熱海優希先生 

 

総合呼吸リハビリテーション ベーシックセミナーの動画をUPさせてもらいました。 

 

「呼吸はどの疾患にも必要です!」っていうのはまさにその通り。

どの症例にも使う事が出来そうです。

 

是非観ていただければ幸いです。 

 

→動画はこちらから

 

 

※こちらの動画は、撮影の状況が悪く、動画に揺れが生じております。

乗り物酔いなどする方は、閲覧時にはご注意くださいませ。