腰痛にならない体を考える~ピラティス的治療アプローチ~ 

株式会社nano

理学療法士 大野有三

〈経歴〉

 

フィットネスクラブでダンス・ピラティス・トレーニングなどインストラクターとして経験を積む。その中でより多くの人の健康のために運動学、解剖学などより身体の専門知識の必要性を感じ、理学療法士の資格を3年間かけて取得。その後老人保健施設、整形外科などで勤務し日常生活動作の自立、疾患予防、疼痛除去に対する治療の経験を積む。

 

身体の使い方の指導を得意とし、「ピラティス」を積極的にパーソナル指導、リハビリテーション指導に取り入れている。現在、講師としてもトレーナーの育成や医療従事者へピラティスを広めるため活躍中。

 

 

〈取得資格〉

・理学療法士

・健康運動指導士

・ピラティスマットインストラクター

 

 

〈所属〉

パーソナルトレーニング・ピラティススタジオnano

HP → http://www.studio-nano.com/

 

 

 

 

〈ピラティス&パーソナルトレーナー養成コース&セミナー情報〉

ピラティストレーナー養成コース → http://www.studio-nano.com/leader/p_kiso.php

パーソナルトレーナー養成コース → http://www.studio-nano.com/leader/t_kiso.php

指導者&治療家勉強会・セミナー → http://www.studio-nano.com/leader/


レポートが参考になったと思ったら、「いいね」ボタンを押して下さい。