体幹の働き 腹圧を中心に

ASRIN STAFF 

理学療法士 板谷 敬晴

体幹の働きとは?

 

体幹に求められていることは非常に重要であり、機能が多いことが知られているが、臨床の中で評価・治療に苦労することが多い。体幹は構造的に四肢・頭部からの影響を受けやすく、そのために評価に難渋することが多いと思われる。今回は自分が考える“体幹の役割”を腹圧と姿勢制御を中心にお伝えします。

 

 

体幹が働くとは?

体幹には多くの関節があります。椎体や椎間関節・肩甲骨と胸郭、仙腸関節、これらの関節を安定させ、さらに柔軟に動かすような分節性、人が2足歩行を得るため抗重力のための直立、左右の筋の緊張が対称となり正中軸をつくる。無意識に予測的に姿勢を保つ姿勢制御、などなど・・・。

 

 

先ほどあげたような、教科書にのっているような体幹を持っている方は健常者でもいません。これを怪我や病気をされた方にもとめるのは酷です。円背や側屈変形をしていても、左右差があってもADL動作に支障が出ない方はいくらでもいると思います。体幹に求められるようなすべての機能(直立・正中・分節的な動き)が出せなくても行為・動作が自立できると思います。

先ほどあげた項目の中では、姿勢制御が重要だと考えています。

 

 

体幹が働くというのは、頭部・四肢が自由に動き出せることです。体幹は何かと同時に使うものであり、四肢・頭部を使うための基盤として体幹があります。EX)リーチであれば上肢を伸ばすという動作の中で上肢の重さや動きに対して重心の変化を少なくし(姿勢保持)効率よく運動できるように(肩甲帯から骨盤への力の伝達)体幹を安定させます。これが無意識で行えています。だからこそ、体幹に意識してもらう(注意を向ける)ことが難しく、逆に動かすところに四肢や頭部(リーチで言えば手ですが)注意が向き易くなります。

 

 

体幹が働き、四肢が自由に動き出せるための機能として、腹圧が持続的にかかり動作ができることが重要と考えています。

腹圧がかかり、行為の際に固まらすに崩れない。リーチの際に上肢の重さ・動きに対して、固定的でなく体幹が安定してグラグラしない、行為をしていく中でガクッと崩れないこと、行為をしていく中で腹圧が抜けて急に固定的にならない。こんなところが腹圧が持続的にかかるという意味です。これが自分の考える体幹が働く(姿勢制御できる)ということです。

 

腹圧について

 

上半身の重心(HATは; HEAD ARM TRANK の頭文字で上半身の重心を意味します)、このHATは脊柱よりも前方。高さがTh9にあるといわれています。

立位・座位姿勢において静的支持を考えると、下部体幹では、後方は脊柱や靭帯で支えられているが、前方には静的に支えるものがない。そのため胸郭の重さの分だけ脊柱より前方へ。

これにより、前方には胸郭の重さがかかり屈曲方向へモーメントがかかります。

腹圧の役割は胸郭の重さを支え屈曲モーメントに対して支えの役割をしています

 

 

腹圧にかかわる筋は「横隔膜・骨盤底筋群・腹横筋・多裂筋」があり、これらは一つのユニットとして腹腔内圧の上昇を行う機能があります。どれかが働くというよりは、常に一緒に働いており、風船の上に胸郭が乗っているとうイメージです。腹圧が高まると胸腰筋膜を介して脊柱の剛性が高まり、体幹の伸展モーメントが高まります。脊柱の剛性というのはベルトを締める感じで締められることで腹圧が増し、脊柱自体も締められるというイメージを持っています。

腹圧がかかって風船のよう支えるという機能と腹圧が高まることで脊柱自体にも伸展方向へのモーメントが生まれるという二つの役割があります。

 

 

体幹の働きを腹圧を中心に述べさせてもらいましたが、では、どのように臨床で患者様に体幹を働かせてもらいますか?体幹の重要性が理解していてもアプローチや評価に困ることが多いのが実情ではないでしょうか・・・。それにはまず、“腹圧が働いている”というか感じをセラピスト自身が知らなければいけないと思います。自分の体で感じられないことは伝えられないからです。体幹が働いていることを患者様とともに共感しましょう!

 

腹圧の感じ方

かなりわかりにくい感覚ですが、腹圧が働いている感覚は意識してもらうことが難しいです。体幹の役割である、姿勢制御が無意識でるのと、逆に上下肢の動かすところには注意が向きやすいからです。

ただし、体幹が意識されにくくても、四肢が楽に動かせるなどの体幹以外の反応には気づきやすいかもしれません。

座位保持などいつももたれている方を多く見かけると思います。車いすや座位の中で体を起こして保持してもらうような生活のパターンの変化を求めることも必要だと思います。テレビのCM中や食事だけでもいいです。っなんて自主トレの提案もどうでしょうか。

患者様の中には、ケガや病気をしてから体幹が働く機会が少なくなっている方もいると思います。廃用の要素です。なので、リハビリだけではなく、病棟の生活のなかでも使う機会を作ることも必要と考えています。しかし、生活のパターン・姿勢のパターンを変えるたことは容易ではありません。患者様に理解をしてもらう丁寧さと根気が必要と思います。

まとめ

 

体幹の働きについてお伝えしました。

体幹が働くとは、四肢・頭部を動かす中で体幹がグラッとしないこと、つまり腹圧が持続してかかることです。そしてこの体幹の働きは姿勢制御となります。

動画では、腹圧の感じ方や腹圧がかかっている時の四肢・頭部動きを感じてもらいました。自分の体で分からないことは患者さまにも伝えられないと思っています。腹圧が働くという、感覚・経験を患者さまと共感することができるようになれることが重要と考えています。また、難しい(座位が保てない・認知が悪い・失語等で会話が難しい)症例でもこのような経験を積むことで体幹を働かせるヒントになると考えています。

 

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

*今回の画像はイメージです。実際の腹部の筋や骨などは各専門書でご確認ください

 

勉強会の紹介

明日から臨床で使える勉強会

 

※3ヶ月に一回のペースで行なっている。参加人数も多いときには600名ほど参加して頂いた。

臨床に出来るだけ役に立てるようなことを意識した勉強会。

レポートが参考になったと思ったら、「いいね」ボタンを押して下さい。