歩行量

こんにちは、イタヤです。

クリスマスはどのように
過ごす予定でしょうか。

僕は週末にできなかった年賀状に
追われています(笑)


今日は歩行量の話をします。


みなさんが担当する患者は
1日どれくらい歩行をされていますか?

また、
どれくらい活動量(歩ける量)が
あることが理想と考えていますか?



「家に帰るとこんなにえらいと
思わんかったわ~。」

数年前に、人工股関節置換術の
OPEをされ退院された患者さんに
言われた言葉です。

ADLは問題がなく、
股関節の機能もかなり
良くなったと思ってました。

それでも入院中より退院して
体がえらかった?

なんでだろうと思ったのが歩行量を
調べたきっかけです。


よく1日一万歩なんて言葉を
耳にしますよね。

身体活動量と死亡率などとの
関連をみた疫学的研究の結果から、

「1日1万歩」の歩数を確保することが
理想と考えられるようです。

1日1万歩!


僕が万歩計をつけて仕事をすると
大体1万から1万3千歩ぐらいです。

日本人の歩数の現状では、
1日平均で、男性8,202歩、
女性7,282歩です。

高齢者にこの数字は
厳しいですよね。

ましてや患者さんにはもっと酷ですね。


では、高齢者は

70歳以上の高齢者における
1日あたりの平均歩数の現状は、
平成9年では男性が5,436歩、
女性が4,604歩です。

整形疾患の方でADLが自立されている方は
これぐらいを目指すことが理想でしょうか。


では最低限歩く理想は
どれくらいなんでしょうか・・・。


風邪をひいて1日寝て過ごした次の日、
風邪は治っているのに体はえらい


寝すぎて体が重い


週末にダラダラ過ごしていて
月曜に体が重い


僕はこれが患者さんでいう
廃用なんじゃないかと思っています。


仕事や1日の過ごし方によって
活動量は違いますが
こんなデータがありました。

職種による歩行量の違い
セールスマン 5,700、
技術職 4,600 
管理職 4,490 
主婦 4,500 
休日在宅(有職者) 2,930

休日を家で過ごした方(休日在宅)は
3000歩近く動いているんです。

でも、
仕事をされている方が
家で週末を過ごして
月曜がえらいことを考えると、

3000歩だと廃用をしない歩行量には
少なく、主婦や管理職の方が
1日動いて廃用していないことを考えると

廃用をしない歩数としては
4500歩が理想となるのでしょうか。

っということで
患者さんにはこんな話をして
万歩計をつけてもらい歩数を目安に
活動量を意識してもらってます。


もちろん歩行だけが活動ではないので、

その点は十分に説明・
ほかの運動の指導をする必要がありますが・・・。


こんな取組をしてから、患者さんから退院してから
体がえらいといわれる事はなくなりました。


っということで今回は歩行をメインとした
活動量について話をさせていただきました。

良かったら患者さんに歩行量のデータなどを
使って話をしてみて下さい。