顔面の違和感


いつもメルマガを読んで下さいましてありがとうございます!



前回は痺れの話でしたが、今回は違和感です。

違和感と言っても様々ですが、
今回の方は

麻痺側の顔の周りがモワっとした感じ
目のまわりがズーンと重くなる感じがする
(どちらもビジュアル・アナログ・スケール:VAS4ぐらいの違和感)

とのことです。


前回の痺れと同様に
患者さんが訴える違和感の多くが

“脳に集められる感覚が正確でない場合に
脳が混乱して違和感が作られる”

と自分は考えています。



では、

脳梗塞後、発症半年ほどで退院し
外来リハビリでフォローされている方です。

運動麻痺は軽度(BRS-t:Ⅴ-Ⅴ-Ⅴ)、
感覚麻痺が中等度鈍麻の方です。


「麻痺側に寝返りすると麻痺側全体(顔も含めて)に違和感があり
(麻痺側のついたところがボワーッとしてついた感じが薄い)
嫌な感じがするから麻痺側には寝れない。」

っと訴えがありました。
寝返りの訓練では違和感はなくなりましたが、

その次のリハビリの際に、

麻痺側の顔の周りがもわっとした感じ
目の奥のほうがズーンと重くなる感じがする

という訴えが出てきました。



評価と問診ですが

枕に麻痺側の顔がついたときは違和感は感じない
触っていると(触られても)違和感はなくなる
何にもしていないと感じることが多い
刺激を少なくしても触ると感じない
(手で風を送る、ティッシュで顔をなでる)

おそらく、刺激が少なくなると感覚が入らない

感覚が入らないことが脳に違和感を
感じさせる?

できるだけ少ない感覚を分かるようにすれば
違和感が出なくなる?

わかりにくいかもしれませんが
こんな感じの仮説を立ててみました。

訓練としては、
前回と同じように
非麻痺側で予測させて麻痺側で知覚する
事を行いました。

先ほどの評価であげた
“手で風を送る、ティッシュで顔をなでる”

を分かる刺激から徐々に弱くしていきました。

この訓練の中で違和感はVASで4から2に
低下しました。


この時点で
耳回り、口元、のあたりの違和感は
ほぼなくなりましたが、

目のまわりのズーンとした感じは取れない
とのことでした。

この方の目元を見ると反対の目よりも
目元が少し下がっている印象があります。


このあたりの筋の低緊張が重さを作るかも?

っという仮説で
目元の皮膚を少し頭側へ引っ張って
見ました。

すると、
「ズーンとした感じはないよ」
っとおっしゃっていただけました。

じゃあ、
顔の筋の緊張を上げるように動きを出してあげれば
顔の筋の緊張が上がって
皮膚が下ることや筋からの情報が正しく入力されるかな?

っということで
顔の運動をしてみました。
(あまり顔の運動・解剖を知らないので
こそこそ解剖の本をみながら・・・。)

こんな感じの訓練をしてみて
運動後は違和感はなくなる
との事でした。


ただし、
違和感自体は少なくなったのですが、
完全には取り切れていないのと
自主トレで効果が保てていない事が
問題となっています。

っということでまだまだ
何か足りないんですね。

継続して悩んでいます・・・。



こんリハビリで違和感や痺れが少しずつ
自分の中では取れるように
なってきましたが

まだまだ良く分からないことや
自分の技術・知識の問題で
うまくいかないことが多くあります。

このメルマガを書きながら
皆様への情報提供と
自分自身の復習のために使わさせてもらっています。


今日も長文となりましたが、
最後まで読んでいただいてありがとうございました。