及川コラム Vol.2


■□■―――――――――――――――――――――――――

  宗教について

―――――――――――――――――――――――――■□■

こんにちは 及川です















準備はよろしいでしょうか?










この時間は一息ついて、心置きなくほじり倒して下さい








さっそくですが、


あなたは神を信じますか?











僕は無宗教です




神様の存在なんて全然信じていないひねくれもんです



そのくせ正月には神社でお賽銭を入れて神様におねだりし、嫌な出来事があると神様のせいにする



そんな矛盾に薄々気づきながらも無宗教だと言い張っているんです


旅に出る前は宗教に対してどうしても閉鎖的なイメージがあり拒絶している自分もいたように思います

日本では特にカルト集団のイメージも強いですよね



でも僕が周った世界52ヶ国の内で日本のように国民の大半が無神論者という国はほとんどありませんでした


旅中によく現地人に
「自分は○○の教えを信じていて、こういう考え方なんだ。キミの信じている神(教え)はなんだい?」

と聴かれ、返答に少し躊躇した記憶がたくさんあります



世界的には、「無宗教の人=信頼性に欠ける」という印象を持つ人も少なくないと聴きました


いろんな文化の中でたくさんの疑問はあるにせよ宗教に対するイメージはかなり変わりました


僕が無宗教である事は変わりませんが、宗教に関わっている人の事は全く否定しません(一部のカルト宗教以外)


むしろすばらしいものだと感じています


それはその宗教の教え・方針がどんなものであろうとその人が何かを



「本気で信じられる」




「心のよりどころがある」




その事自体がその人の人生、生活に何らかのプラスになっていると思うからです


困難にぶち当たってもプラスに転換しやすいと思います



これまで旅してきていろいろなものを見てきました



マヤ文明、マチュピチュを造ったインカ帝国、1000体ものモアイ像を造った耳族、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教…




人の力では到底不可能だと思われるような事が実際人間の手によって行われました

最初は「こんなのやらなきゃ殺すとまで言われなきゃできないよな~」なんて思いましたが、やっぱりそんな負の力では絶対無理だと思いました 暴動おきるし






「本気で信じる」




そのパワーは奇跡のような事も起こす力があるように思います



それは言い方によっては「洗脳」という言葉がひとつあるかもしれません


本気で信じる事で脳をトランス状態にし潜在能力を引き出す

それはプラスに働けば心理学的、脳科学的にも有効だと思うし、素晴らしいことだと思う


そういう意味では自己啓発も一緒だと思います

これは悪い意味ではないです


実際僕もこれまでに自己啓発本(ビジネス書やいわゆる成功者と言われる人の哲学書など)何冊も読んでいますし、それによってプラスの考え方が身に付いたのも事実です

それにまだ読みたい本もいっぱいあります


宗教もいわば哲学であり、「ものの考え方」だと思います

「誓約付き自己啓発」とでもいいましょうか

この誓約がどうしても閉鎖的なイメージが強いですよね

ヒンドゥー教は牛は食べられない

とか、イスラム教の女性はヒジャーブというほっかむりのような布で頭部や顔を覆わなくてはならない

とか、たくさんの制限がありますよね


実際にイスラム教の女性と話す機会に恵まれ、ヒジャーブを巻く文化などついて聴いてみたんです


すると答えは想像していたものとは違う答えでした



その時の記事
↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/donkyu-mako/theme3-10065807907.html






彼ら彼女らにとっては誓約・制限はプラスに働いていて、

自分を見失わない為の道標のようなものなのかもしれません





そんな素晴らしい宗教ですが、その教えの捉え方は同じ宗教内でもまた人それぞれなんですよね


僕が恐れている事はひとつ




「それだけが正しい」





これがほんとに怖いです

争いは全てここから始まってるんじゃないかと思う



これは宗教に限ったことじゃなく全ての考え方に言えることかも


仕事や人づきあい全部





リハ業界に限ってもいろんな手技や派閥があって各々が他を受け入れない

むしろけなしあっている場面をよく目にします

他を否定することで自分を正当化しようとする防衛反応は先輩から後輩へと受け継がれまだ何も学んでいない新人の可能性を潰します




とにもかくにも





「他を認める」





平和があるんだとしたらこれなくしては有り得ない


ひとりとして同じ人間はいない


同じ人間である必要はない


そう思います





宗教であれ自己啓発であれ、必要な人もいれば必要のない人もいる

これも正しいし、あれも正しい


僕は自分に枠組みを作らないことでいろんな事、いろんな考え方を吸収して成長していきたい

そしてできあがっていく自分の考え方に「信じる力」が宿ればいいなあ


と思っています









すみません、話が長すぎて鼻から血が出てませんか!?





最後まで読んで下さり本当にありがとうございました!